バルデナフィルと硝酸イソソルビドテープの併用禁忌

バルデナフィルは、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)に次ぎ、日本で2番目に厚生労働省の製造販売承認を受けた勃起不全症(ED)治療薬です。バルデナフィルはクエン酸シルデナフィルと比較して、溶解性が高くより即効性の期待できる製品となっています。しかし、クエン酸シルデナフィルより一緒に服用することが制限されている医薬品の種類が多くなっているため注意を要する医薬品です。その中でもここでは硝酸イソソルビドテープとの併用について解説します。
バルデナフィルは硝酸薬との併用が禁忌となっています。その理由は作用機序に由来します。血管が拡張する際、血管壁から一酸化窒素(NO)が放出されます。この一酸化窒素濃度が血液中で高まるとグアニル酸シクラーゼが活性化します。このグアニル酸シクラーゼは血管拡張を引き起こすサイクリックGMPを合成する酵素です。このグアニル酸シクラーゼによりサイクリックGMP濃度が高まると血管拡張が起こりますが、サイクリックGMPを分解するホスホジエステラーゼ5という酵素も存在し、これは血管拡張を妨げます。バルデナフィルはこのホスホジエステラーゼ5を阻害することで陰茎部の血管を拡張させ勃起を引き起こしますが、他の組織の血管も拡張します。一方、硝酸薬は一酸化窒素を血液に供給する働きがあり、これによりグアニル酸シクラーゼを活性化しサイクリックGMPの産生を促進することにより血管拡張を引き起こします。つまり2剤はより作用点が似ている薬で、このような薬が併用されるとより相乗効果が起こりやすくなり、過度な血管拡張により低血圧、頭痛などがひどくなりやすいのです。よって併用禁忌となっています。
硝酸イソソルビドテープは外用だから併用可能だろうと思う方もいるでしょうが、テープ剤とはいえ全身的効果を考え、設計されているのでほぼ飲み薬と同じように副作用は出ますので注意しましょう。