バルデナフィルの承認は2004年

バルデナフィルが承認されたのは2004年の4月のことです。
その2ヶ月後には5mgと10mgの販売が開始され、20mgは3年ほど遅れて2007年の7月から販売が開始したのです。
バイアグラの次に登場したED治療薬で、いわゆるレビトラのことです。
優れた即効性があり、服用して1時間も経たないうちに薬剤の血中濃度がピークになります。
性行為の1時間前に服用しておけば、十分な勃起力を得られるでしょう。

バルデナフィルは他の薬と同じく、服用すれば勃起するものではありません。
性的刺激を感じて勃起する場面で勃起しないときに効果を発揮するものです。
朝立ちのように性欲がなくても立つような状態にはならないので、服用する前に十分な性的刺激を受けてください。
女性とSEXをしたいという気持ちがあることが、効果を発揮するための大前提なのです。

バルデナフィルが承認された当初は、まだバイアグラの人気が高かったですが、今はEDの症状や目的により薬が選ばれるようになりました。
バルデナフィルを求める方に共通しているのは、すぐに効果を発揮させたいことです。
シアリスだとSEXの3時間前に服用する必要があるので、急に興奮を覚えたような状況では適しません。
パートナーとデートする約束をしたら、SEXの時間に合わせて服用するという感じです。
バルデナフィルの効き方はシアリスよりバイアグラに近いですが、より即効性があり食事の影響が少ないのが特徴です。
勃起力の強さと価格の安さに関してはバイアグラのほうが優れているので、実際に両方を試してから自分に合った薬を選ぶ方法が好ましいです。
他のED治療薬とは服用できない方、服用の注意点などが異なるので、必ず医師の許可を得てから服用しましょう。